TUNING

なぜチューニング?

バイオリンやギターなどの楽器は温度や湿度など自然環境の影響によって音にブレが生じるので、本来の音色を出すために演奏前に必ず“調律(チューニング)”を行います。
実は 身体も同じようなことが言え、日々の生活や運動、ストレスの影響でブレ(異常)が生じます。私たちは日常的に自分のカラダに意識を向けることが少ないので、よほどの異常にならない限り、気づかないのです。
しかし本来アスリートを強くするために開発された、体幹チューニングを行うと、自分のカラダの状態に気づくことができ、「統一体(自然体)」につくることができます。
自分本来の力(滞在能力)をビジネスシーンでもスポーツでもあらゆるシーンで十分発揮出来るようになるのです。

★ポイントは3箇所
「腹」と「肩甲骨」と「腹式呼吸」=美

turnig_img

美しさのベースは身体の中で日々行われている新陳代謝です。
身体の中に酸素と栄養を運ぶ血液の流れ(血流)が良いことが最も大切です。
たとえみなさんが「身体にいいものを」と思って栄養価の高い食物やサプリメントを「口」に入れたとしてもそれからすべて吸収されるとは限りません!
口から入ってきた食物を内臓がきちんと消化、吸収、排泄出来る状態かどうか⁈
をまず自覚した後で呼吸法を中心にチューニングしていきます。
さらに肩甲骨をゆるめることも重要です。
肩甲骨が硬くなってしまうと胸を開くことができなくなり、酸素を取り込む能力が低下するばかりか、上体は力みがちになってしまい気も上がってしまいます。
呼吸法を合わせた体操をやって肩甲骨をゆるめると、上体の力みがなくなると同時に心の落ち着きも得ることが出来るのです。
力がぬけているのに中心が定まります。
ここでいう呼吸法は腹式呼吸です。
ゆっくりした深い呼吸は、新鮮な酸素たくさん体内に取り入れます。
そして呼吸に伴う横隔膜の動きは血液を全身に送り出すポンプ(第2の心臓)としての働きがあります。
普段は早く浅くなっている呼吸を美体幹チューニングで意識してゆっくり深く行いましょう。
日々の新陳代謝(細胞レベルの生まれ変わり)が活性化します。

ダイエット、アンチエイジングの効果が引き出され内側と外側から「真の美しさ」を手に入れることができます。